アイボでなくても似たようなものでオーケー

SONYが時何だか止めていたロボット業務を復活させるという情報は、我々にとって今季聞いた良い情報の取り分け5図書の指には入ると思います。
以前アイボを見た事例これこそソニーの五感だろうと思っていたのですが、売れないとか赤字とかいう言明は一部始終聞いたことがない中での突然の業務止めが意外と信じれ無かったことを覚えています。
依然としてアイボをわが子のように可愛がるというか溺愛するご婦人顧客の風貌がTVで時折流れるのを見ながら、断じてこういう人達は悲しんでいるのだろうと容赦してしまったものです。
それ程犬がびいきなら生犬を飼えばと思ったこともありましたが、それが厳禁なのでロボット犬を可愛がるしか乏しいということに気持ちずいてしまうと、ソニーよこういう自分を願わくは済ませろとおもうしかありませんでした。
ですからロボット業務復古の情報を聞いた事例、真っ先にアイボ変形の自身の喜ぶ風貌が願い浮かび、直ちに新品を予約したいとの電話がかかって来ているのではないかと考えたりしてふと失笑した小物でした。
個人的には自在に動けてあのペッパーのかっこ悪さを遥かに過ぎ去るスリムさを追求したグッズの細工をソニーは第はじめ目標にすべきだろうと勝手に考えています。ミュゼ300円だけ